明日から初個展

皆さん、お元気ですか?
ミーフーは元気です。


文 豆一郎展「Sica」、いよいよ明日から開催です。
個展の準備でバババーっと立て込んでいたので、ブログやツイッターの
更新が少なくなっていたのですが、個展の準備をしていたからです。
日本語のやり方を忘れました。



今回の初個展、あるテーマとコンセプトに則っています。


テーマは「アンドロジナス」です。
この言葉は ” 中性 ” を意味します。

一昔前まで、男性は守りたくなるようなか弱い女性に惹かれ
女性は自分を引っ張ってくれる強い男性に惹かれる時代でした。

時は経て、草食系男子とか肉食系女子という言葉がメディアに
馴染むようになって久しい昨今、各々が己に足りないものを自分自身で補おうとする
時代に変わりつつあるのかなと思います。

けれどもそれは、よくいえば成熟、悪くいえば他者と支えあうことの放棄であったり
繁殖すら必要としないという、ある意味神様に近づくような畏れ多さも併せ持っています。
こういった補完のあり方の変化は、今や性別を超えてあらゆる物事に通じてみられます。

この度の個展では、高度に発展したその世相が
相互補完の大切さに気づいて、また人の温もりを必要としていく過程を描きました。
作品中に多く登場する球体のモチーフは「完全ではあるが、それゆえに人との助けあいに
よって生まれる愛も知らない、悲しいサガを背負った存在」を象徴しています。



もう一つ、テーマとは別に
「楽器を持たない音楽家による音楽」というコンセプトがあります。

世の中には色んなバンドがありますが、その楽器編成もそれぞれです。
中には変わった編成もあって、ベースとドラムだけとか
楽曲をイメージした映像を作るメンバーやダンサーがいるバンドもあります。

今回のコンセプト上の主人公であるシカは、架空の風変わりなバンドの中で
「アルバムのジャケットと、歌詞を書くメンバー」として活躍していましたが
度重なるメンバー脱退により解散の危機に見舞われます。
しかし、シカはそこで諦めず、たった一人で活動を続けます。

「楽器を持たない音楽家がCDを作ったら、一体どんな作品になるのか?」
という試みが、明日からの展示に盛り込まれています。
著者は私、文 豆一郎ですが、前述したテーマも含めて
すべてはシカという少年が描いたという体裁になっております。

個展は今週の日曜日まで開催しておりますので、ご来展いただけたら嬉しいです。
私は週末の土日に在廊いたします。



物販ですが、マグカップにランチバッグ、全作描き下ろしの画集など
今回新たに追加したグッズも含まれています。
以前制作したポストカードと併せて販売いたしますので
お気に召しましたらお買い求めくださいませ。



それでは、明日から開催の初個展「Sica」、よろしくお願いします。



おしまい。

2015.10.19 | | コメント(0) | 日記

«  | ホーム |  »

 

文(ふみ)

書いてる人 : 文(ふみ)
 
愛と血潮と

Homepage…
http://irodorimiyaco.com

Twitter…
https://twitter.com/fumifumifur

Pixiv…
http://pixiv.me/fumifumifur

Comments