ラムコーヒー

 

 会社の事務所にみんなが食べていいお菓子が置いてあるんだけど、自分だけ禁止されています。お局(59)に嫌われているから。最初はよかったはずなのに、なんかいつのまにか「あれは本来、肉体労働で疲れてる倉庫のスタッフさん向けに置いてるものだから」という謎の不文律ができていて、僕だけ従わないといけないらしい。完全に目をつけられている。癪に障るので、お局がトイレに立つたびに光速で食うようにしてる。メタルギアおやつタイムとしかいいようがない。2/14 に義理オブザ義理チョコ貰ったんだけど、こんな人にお返ししなきゃいけないのほんとつらいな。っていう話を坊主Bar(そういうとこがあるの)でしていたら、ホワイトデーに何をプレゼントすべきかその場にいた全員で考えてくれた。正解は出なくてお坊さんにもわからないことばかり。「風俗だけは檀家さんのお布施じゃ行けないです」とはにかんだ笑顔で打ち明けてくれたことだけ覚えている。

 

 寝起き、コーヒー飲みたいけどまずはイェーガーもみたいな意味のわからない気持ちになりやすいので、折衷案的にマイヤーズでラムコーヒー作る。夜中までやっててお酒も出してくれるカフェスタンドが近所にあって、そこで初めて飲んでおいしかったので家でも真似るようになった。あんまり迎え酒やりたくないんだけどもう素面じゃ限界になってきてて、平日を毎週毎度なんとかやり過ごせていることに土日へ辿り着くたび驚くばかり。ならば週末だけでも壊しましょうとばかりに美薗で知り合った常連さんと一緒にスイッチバー行ったらウエェなんですかここはみたいな気持ちになってしまい、グロッキー状態で這い出てきたのが午前2時半くらい。結局美薗に戻ることになって、二人でセブンのコーヒー飲みながらサムライチャンプルーって観るべきスかみたいな話してるときが一番楽しかった。その人は、とあるお店にいる本命の子が彼氏持ちで、どうにもならないから毎日飲み歩いてさまよってるらしい。美薗に来るような人って、欲しいものが決して手に入らない人が多い。気がする。



 そう、最近また絵を描いている。人物に焦点を絞ったような作風が増えたかな。もっとラフにザクザク描き殴るような感じでいきたいんだけど、変に根が几帳面なのか少しでも気になったらドール使って姿勢チェックしたりなんだかんだ資料確認してしまう。肉を斬らせて骨を断つような姿勢で臨みたい。



 人間といえば、僕は人に対して、見るべきところを見ずに気が利かないと言われたり、見なくていいところを見て不気味がられたりするので、現実での接し方や振る舞いはもう少し省みないといけない。人を観察することと、そこで得た情報から自分をその人に摺り合せていくのって全く別物だ。こういうことを毎日毎日考えて、自分はもう喋ればしゃべるだけ他人に害を与えるんじゃなかろうかという念に駆られてまた飲む。孤独な人間ってこうして出来上がるのかなと目を瞑る。そして夜がきて、自分が一人じゃない証明を探しにどこかへ飲みに行く。先の内省もどこ吹く風の狂騒が夜中まで続いて、コーヒー片手にぽつぽつ歩いて帰る。ひとしきり飲んだ後のコーヒーってすごく美味しくて、今の生活で確かなものってこれだけかもねって考える。なんとなく塩ラーメン食べたい気がしてコンビニでサッポロ一番買うけど結局帰ってきても食べずに寝る。


 

2018.03.10 | | コメント(0) | 日記

«  | ホーム |  »

 

文(ふみ)

書いてる人 : 文(ふみ)
 
愛と血潮と

Homepage…
http://irodorimiyaco.com

Twitter…
https://twitter.com/fumifumifur

Pixiv…
http://pixiv.me/fumifumifur

Comments