言葉の屠殺場


皆さん、お元気ですか?
ミーフーは元気です。

 どこが好き、という、誰もかれもが触れては戻し
て人類史始まって以来、何兆人もの手垢にまみれて
もはや核の部分が見えなくなったやり取りを交わし
たことがあります。月並みに僕のほうから聞いたと
き、彼女はちょっと口篭ってから「そういうのは色
々思ってるけど、口にすればするほど安っぽくなり
そうだから言いたくない」という答えを返してきた
のを記憶している。まだお互いの考えてることがわ
からなくなる前のやりとりだから、それが言うに事
欠いて曖昧に投げた答えではないのはよくわかった
。ここが好き、こうだから好き、それらを不躾に、
詫び寂びもなく捲くし立てないところにまた感心も
していた。質問する権利が向こうに渡ったとき、僕
もまた口篭ってから抽象的な回答をしたことを覚え
ている。「言葉にできてしまえたら、それをまとっ
た誰かに代わりが務まりそうだから」と、確かそう
いう旨。こんな返事をしたらじれったそうな態度を
されたけど、僕は自分の曖昧さを密かに誇っていた


 言葉とは何か、というこれまた手垢の付きたおし
た議論にも主張にも興味はないけど、自分なりにひ
とつ定義するならば「デジタル化された感情」なの
かなぁ、と、とりあえずパチンとその符号を嵌めて
おく。生き物の心の中で渦巻いてるものは全てがア
ナログデータであり、言葉や文字はそれらを人様の
頭へFAXするために都合のいい存在でしかない。そ
の便利さと引き換えに、丸を四角にする残酷な加工
処理が屠殺場で施される。あらゆる機微が0と1によ
ってそぎ落とされる。無限に続く小数点の彼方にあ
る狭間はなかったことにされる。2999年のお手伝い
ロボットは人間そっくりによく喋る、けど黙ってい
るときに何故あそこまで冷たく感じるのかは誰にも
わからない。一緒に話しているときはあんなに暖か
いのに。

 おそらく星新一のショートショートだったと思う
けど、僕ら姉弟が恐れおののいた話があった。ごく
一般的な家庭に、いつものようにお父さんが帰宅す
る。家族は出迎える。翌日、" お父さん " が二人
帰ってくる。家族は戸惑うが、姿形、記憶、思考感
情の一切をそれぞれが寸分の狂いなく持ち合わせて
いることに気づく。翌々日その明々後日、お父さん
たちは三人、四人と増えていく。詳細は忘れたが、
そのお父さんたちは国策により生み出されたクロー
ンだった。担当者の手違いによって増えすぎた彼ら
は、家族の元に残る一人を除いて全員、妻や子供た
ちと過ごした思い出を消されて遠い国に移住させら
れてしまう。元通りになった家庭に今日も一人で帰
ってくるお父さんが「本物のお父さん」であること
を証明する術は誰も持たない、って話。

 子供の頃、この話がすごく怖かった。
 怖かったの他に、悲しかったもあった。当の父親
にこれを聞かせたら「みんな全く同じやったらどい
つでもええやろうが」と一蹴されたから。父が好き
だった僕たち姉弟はどいつでもいいわけがなく、今
ここでこうしてるお父さんが僕らのこと二度と思い
出せんくなって全然知らん国で働かされてるかもし
れんねんよ、と言っても大人特有の感情を度外視し
た理屈でこねられてしまった。今でも父は、言葉や
文字が暴力性を帯びていることを理屈では理解して
いても、感覚では今ひとつピンときていないと思う
。僕は大人になってもデジタル化された父が帰って
くるのなんか嫌だし、姉もそれはまた然りだろうと
ぼんやり一人合点している。

 こうして書いている、この文章自体が既に複数の
意味で二進数に変換されている。僕が文明に頼るの
はどうあがいたところで選択肢がひとつしかないこ
とに気づいたからだけど、アナログが細切れにされ
ていく際に生じる齟齬や悲劇もまた趣であり、それ
らを一興として捉えられたら考え事がひとつ減るん
でしょうか。その時、思い出せない何かもひとつ忘
れるんでしょうか。分類するほうが、されるほうが
随分楽だと子供の頃に知ったはずなのに、核と思し
き自分の何かが最後の一人になっても闘い続けてい
る。



 漫画やアニメを見ていたら、たまに「ン」とか「
ウー」しか言わない愚鈍そうなやつらがいる。もし
かするとそいつらが一番、理(ことわり)に近いの
かもしれない。



おしまい





2016.08.31 | | コメント(0) | 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

 

文(ふみ)

書いてる人 : 文(ふみ)
 
愛と血潮と

Homepage…
http://irodorimiyaco.com

Twitter…
https://twitter.com/fumifumifur

Pixiv…
http://pixiv.me/fumifumifur

Comments